「包装」を通じ、あらゆる産業に貢献します。
>>トップページ  >>>NEWS  >>TOPページ
 ・新商品情報
 ・エンゼルコフィン
 ・ほかんくん
 ・宮下隆二のコラムTOP
 ・津島稜の世相を斬るTOP
 ・News VoL.1〜VoL.20
 ・News VoL.21〜VoL.40
 ・最新のNews一覧
5/17
 

大阪地検特捜部の判断は?

相も変わらず「森友問題」「加計問題」に気を取られているのもバカバカしいが、問題発覚以来1年以上も
経過していることにさらに腹が立つ。

佐川前国税庁長官の証人喚問と財務省の文書改竄問題に端を発して、政府の対応、官僚の体質、
国会における与野党の質疑応答など、いかにレベルの低い無駄な時間を費やしたことか…。

前回も述べたように、昨年来、両方の問題を巡って安倍内閣に関わる疑惑が続出。
森友学園の籠池理事長夫妻が詐欺容疑などで逮捕され、起訴された。
政府はこれで一件落着させようとしたのかも知れないが、
今年2月、財務省の文書改竄を朝日新聞がスクープしたことで新たな局面が展開する。

それまで国会で、佐川氏が森友学園との国有地売却に関して
「正当な取引」「籠池氏との値引き交渉はない」「安倍総理夫人は無関係」などと説明。
しかし、証人喚問では「刑事訴追のおそれがある」と証言を拒否。
野党の追及も口先だけになり独自の証拠、証言を示すことができなかった。

一方、朝日新聞は、森友学園に関する改竄前の文章を具体的に紹介、しかもそれは後に極めて正確な
内容だったことが判明した。
原文の写真を紙面に掲載しなかったのは、おそらく現物ではなくコピーだからだったろう。
それは当然で、原本は近畿財務局の担当職員しか所持していないからだ。
それにしても朝日新聞に、このコピーを手渡した職員は、かなりの義憤に燃えていたに違いない。
その後、近畿財務局の職員が「上司に無理やり偽造させられた」というメモを残して自殺してしまったことで、
闇は一層深まった。果たして朝日新聞に協力したのはこの職員だったのか。

さらに、加計学園の四国誘致について官邸の秘書官が「首相案件だ」と口にしていたと、
またもや朝日新聞が報道。財務省に続いて文科省、農水省などを巻き込む事態になっている。
この問題について、愛媛県知事は県職員が首相秘書官と面談した際に残したメモ(備忘録)に書き残されて
いたと明言。
これに対して首相秘書官は「記憶の限りでは会った記憶がない」と曖昧な表現で否定していたのだ。

ところが、愛媛県のほかに農水省や文科省にも同様のメモが残されている事実が明らかになり、
自民党はこの元首相秘書官を国会で喚問せざるを得なくなった。

元首相秘書官は真実を正直に述べるのかと思ったが、やはり不都合なことは口に出さず、露骨に官僚の
体質を見せつけるに終始しただけだった。
たしかに官僚としては「模範的」「お手本のような」国会での証言と言えるだろう。

私は鼻白む思いでテレビを見ていたが、気になる点もあるので、
次回の小欄で若干の補足をしてみたいと考えている。

ここまでの一連の経緯で、私が気になっていることは
@籠池夫妻の起訴後、未だに初公判が開かれていないという異常な長期拘留
A国有地売却で8億円以上も値引きした佐川氏の背任疑惑
B財務省などの公文書偽造・変造容疑。
これらの捜査の主体は検察、すなわち大阪地検特捜部にある。

市民団体や弁護士グループからの告発を受理しながら大阪地検特捜部は一体、何をしてきたのだろうか。
それどころか今年の春先「大阪地検特捜部は立件を見送った」という情報が流れた。
これも朝日新聞の報道だった。

聞くところによると、大阪地検の特捜部長は女性らしい。
非常に優秀な検事と評価されているようだが、一体どのような捜査をしてきたのか疑問に思う。
もちろん私は女性差別論者ではないし、念のために付け加えると「セクハラ」を是認しているわけでもない。

30年以上の昔話で恐縮ながら、実は私も大阪地検特捜部の取材を担当したことがある。
その私の耳に入ってきた情報では、朝日新聞は特捜部のリークを受けているという。
特捜部長は男勝りの磊落で、酒席にもこだわりがなく顔を出すらしい。
「ひょっとしたら新聞記者とも…」と邪推をすると強烈な非難を浴びそうだが、
その反面「さすが朝日新聞」と頭が下がる部分もある。
いずれにしても特捜部の明快な捜査と決断を見守りたい。

作家 津島稜