「包装」を通じ、あらゆる産業に貢献します。
>>トップページ  >>NEWS
 ・新商品情報
 ・エンゼルコフィン
 ・ほかんくん
 ・宮下隆二のコラムTOP
 ・津島稜の世相を斬るTOP
 ・News VoL.1〜VoL.20
 ・News VoL.21〜VoL.40
 

タイガース監督

プロ野球は長い冬眠に入ってしまい、話題はストーブリーグしかなくなった。
それはそれとして、わが阪神タイガースは今年も期待を裏切ってくれました。
あのクライマックスシリーズの不甲斐なさは興醒め…。

先発投手陣はともかく、継投の作戦ミスは素人目にも明らかだった。
シーズン中も判で押したような投手起用で失敗を重ねた。
投手コーチは何を考え、どのような指示を出していたのだろうか。

打撃陣も「4番不在」と批判を浴びた。
しかも、ここ一番で結果を出せないというのも、聞き飽きたし言い飽きた。
シーズン開幕当初は好調で、夏になって一度だけ首位に立った。
ところが、それだけで、再び巨人を追い抜くことはなかった。
ただ、昨年に比べ、チームのムードを盛り上げてくれる選手がいたのは良かった。
チャンスをものにすると、ベンチ前で天を指差すあのパフォーマンスは、ファンを喜ばせてくれた。

しかし、そんな選手たちに水を差したのは和田監督だろう。
真面目を装っているのか、根が暗いのか、あの辛気臭い表情には何度も白けさせられた。
負けが込んでくると、ベンチのムードは最悪、陽気に声を上げる選手は一人もいなかった。

試合後は決まって、したり顔で「私のミスだ」と繰り返しながら、来シーズンも監督を続けるという。
「3年契約だから」が理由らしい。
男なら、潔くけじめをつけ、責任を取るなら自ら辞任を申し出るべきではないか。
プロ野球はショービジネスだ。負けても勝ってもファンを喜ばせる監督の登場を待つ。