「包装」を通じ、あらゆる産業に貢献します。
>>トップページ  >>NEWS
 ・新商品情報
 ・エンゼルコフィン
 ・ほかんくん
 ・宮下隆二のコラムTOP
 ・津島稜の世相を斬るTOP
 ・News VoL.1〜VoL.20
 ・News VoL.21〜VoL.40
 

TOKYO PACK 2012

アジア最大の国際総合包装展TOKYO PACK 2012が東京ビックサイトにて開催されています。
2012年10月2日(火)から5日(金)まで開催している展示会なのですが、
この展示会にシンワ株式会社も出展しております。
アジア最大級とあって約550社も超える企業が出展している国際包装展の来場者は凄いです。

さまざまな企業が、思考を凝らせて自社の製品をアピールして中、
シンワ株式会社のブースにもさまざまな方々が訪れてくれました。
今回展示している商品の中で、ひときわ注目を浴びていたのが、シュリンク包装機です。

この機械は、商品をフィルムで包み熱によってフィルムを収縮させ包装します

この収縮包装は商品に密着したタイト包装で美しい仕上がりを見せることが出来ます。
商品価値を高め、しかも内容物を完全に保護しますし、
また異形物やバラ物でも包装出来るのであらゆる分野で採用されています。
収縮包装は商品に大きなメリットを与えます。

この商品の他にも、
LEDを使った検品用コンベヤなども来場していただいた方々に興味を持っていただきました。
従来の蛍光灯での仕様よりLEDを使用することで光量の多さと消費電力量の低下という両立を
可能にした商品です。
この他にも包装に関する機械や資材の展示をしておりますので一度ご訪問下さい。

今回の展示会では、いろいろと見せる包装という内容のテーマでの商品が多数ありました。
展示会場を周り見て、我々社員も勉強しております。

私自身、10月2日・3日とブースに立ち、展示会を見て、
ただ商品を包む包装だけでなく包装した商品をいかにお客様が興味を持ってくれるか
この「見せる包装」をどうして行くかを色々と考えられるようになりました。
このTOKYO PACK 2012もまだ今日と明日と開催されています。
是非、皆様もTOKYO PACK2012へお越し下さい。
そして、その際にはシンワ株式会社のブースへお立ち寄り下さい。
社員一同皆様をお待ちしております。